-乐游棋牌官网

uibot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: トレーニングセンター > リソース > uibot workerの使用方法は?
uibot workerの使用方法は?

rpaトレーニングセンターへようこそ、本日はuibot workerの機能と使い方について紹介していただきたいです。


1.uibot workerの機能

労働者のuibot workerは、異なる操作モードを3種類提供します。即ち、有人‐ノードバインディング証明書、有人‐ユーザー証明書と無人証明書を含む3種類の証明書を提供します。操作方法

有人‐ノードバインディング証明書は、pcのマシンコードとバインドする必要があります。また、バインドされた後に変更することはできません。uibot workerはこのpcだけで実行できます。この場合、uibot commanderをインストールする必要はありません。しかし、複数のuibot workerが連携して複雑なタスクを完了することはできません。

ノードバインディング証明書と比べると、ユーザー証明書の場合、グローバル調整のためにuibot commanderをインストールしなければならなりません。タスクはuibot commanderからuibot workerへ統合配信されます。このプロセスで、workerはログインユーザーとしてcommanderと対話します。したがって、workerは特定のコンピューターにバインドされる必要はありません。その代わりに、rpaクラスターのコンピューティングリソースに基づいて、workerを自動的に割り当てたり、配置したりすることはできます。

無人モードでは、workerはすべてcommanderによって制御され、人間と対話する必要はありません。


2.uibot workerの使い方

プロセスをどのように公開し、インポートしますか?

まずは、uibot creatorでプロセスを公開する必要があります。注意しなければならないのは、コミュニティ版のuibot creatorは公開機能をサポートすることはできません。企業版でのみサポートします。公開ボタンをクリックした後、プロジェクトスクリプトは .botのファイルとして保存されます。

次に、これらの .botファイルをuibot workerにインポートする必要があります。ここでは、ローカルインポートとオンラインプロセスインポートという二つの方法を提供します。ローカルインポートの機能は、ローカルフォルダーの中の .botファイルを直接アップロードすることで実現できます。オンラインプロセスインポートの機能は、uibot commanderと共同で実現する必要があります。commanderからプロセスのリストを取得してダウンロードします。

プロセスをインポートした後、[マイプロセス]ページでそれらを見つけることができます。 [今すぐ実行]ボタンをクリックして、これらのプロセスを実行することができます。

プロセスを直接に実行する以外、uibot workerはタスクをスケジュールする機能も提供します。この機能を使って、特定の時間帯で特定のプロセスを実行させる設定ができます。 uibot workerは、日付別、週別、月別の一回に一度の実行など、4種類のスケジュールタスクを提供します。さまざまな種類のスケジュールタスクによって、すべてのプロセスをより正確的に制御することができます。

無人workerの場合、スケジュールタスクをworkerから直接にセットアップすることはできません。その代わりに、uibot commanderから設定する必要があります。なぜならば、uibot commanderは無人ロボットを完全に制御できるからです。

そのほか、uibot workerは操作記録の機能も提供します。そこで、すべての履歴実行データを閲覧することができます。

以上はuibot workerの機能と使い方でした。ご覧にいただき誠にありがとうございます。