-乐游棋牌官网

uibot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: トレーニングセンター > リソース > ソフトウェア自動化
ソフトウェア自動化

来也(laiya)テクノロジー rpaトレーニングセンターへようこそ。本日は、uibotのソフトウェア自動化の機能を紹介していただきたいです。

rpa開発プロセスにおいて、通常、excel、word、またはwebブラウザを自動化する必要があります。確かにこれらのタイプのソフトウェアはインターフェース要素を提供しています。しかし、これらのソフトウェアに対してターゲットコマンドを使って人間が操作する作業をシミュレートすることは、本当に複雑で面倒です。それと同様に、uibotは一般的なアクションをカプセル化して、それを独立した命令にします。これにより、さらに使いやすく、すばやくなります。


1.excelの自動化

まず、excelの自動化を見てみましょう。excelは、オフィスソフトウェアにおいて最も重要な部分です。rpaエンジニアリングで、excelの自動化に対する需要は最も一般的です。

excel起動コマンドを例に取りましょう。右側のタスクバーに3つの必須パラメーターがあります。ファイルのパスパラメーターは、開きたいexcelファイルのパスを定義します。それが絶対パスでも相対パスでもかまいません。excelファイルが存在する場合、自動化プロセスを実行する時に自動的に開きます。ファイルが存在しない場合、自動化プロセスによってファイルが生成します。

次のパラメーターは表示または非表示で、ブール型のパラメーターです。「はい」と定義する場合、ワークシートが表示されます。「いいえ」と定義する場合、ワークシートはバックグラウンドで操作を実行します。

最後は出力パラメーターである。このパラメーターは変数名でなければなりません。変数名は、開いたワークシートを指します。或いは、ワークシートオブジェクトと呼ぶこともできます。読み取り、書き込み、変更などの後続の操作をしたい場合、操作したいワークシートオブジェクトを指定するために、このパラメーターが必要です。

そして、セルの読み取りコマンドを追加してみましょう。右側のパラメーターリストが見られます。ワークブックパラメーターは、操作したい目標ワークシートの下のワークブックを定義します。セルパラメーターは、どのセルのデータを読み取るかを定義します。

セルデータを一つずつ読み取るのは効率が低すぎると思われるかもしれません。ここで、read areaコマンドを使用することができます。a1:b2パラメーターとは、a1からb2までの長方形領域内のデータが読み取られることを意味します。

これで、excelからデータを読み取る方法を学びました。そしたら、excelにデータを書き込む方法はありますか?

セルの書き込みコマンドを試してみましょう。パラメーター列において、セルパラメーターは書き込みたい目標セルを定義します。データーパラメーターは、書き込みたい内容を定義します。 今すぐ保存は、ブール型パラメーターです。セルに書き込んだ後にexcelファイルをすぐに保存するかどうかを定義します。

他のexcelのコマンドは上記のコマンドに似ています。


2.wordの自動化

次に、wordの自動化を見てみましょう。

excelと同様に、wordはオフィスソフトウェアの最も重要なコンポーネントの1つです。

word自動化コマンドセットの使い方を見てみましょう。

まず、コマンドツリーを展開します。ダブルクリックしてドキュメントコマンドを開きます。右側に5つの必須パラメーターがあります。出力とファイルパスパラメーターは、excelのとほぼ同じです。アクセスパスワードと編集パスワードは、ドキュメントがロックされている場合だけ必要です。

次に、wordの内容を読み取りましょう。ファイルの読み取りコマンドをダブルクリックすると、2つのパラメーター、出力とドキュメントオブジェクトが表示されます。

ドキュメントオブジェクトは、ワークシートオブジェクトに似ています。パラメーターへの出力は変数名を定義します。そして、ドキュメントの内容はこの変数に書き込まれます。

他のコマンドも同じく、ここでは繰り返しません。


3.ブラウザの自動化

ブラウザの自動化を見てみましょう。

ブラウザの自動化は、ソフトウェア自動化の最も重要なコンポーネントです。

新しいブラウザコマンドを起動して、ブラウザを開きましょう。

パラメーターリストに4つの必須パラメーターが表示されます。ブラウザの種類によって、開きたい目標ブラウザの種類が定義されます。ドロップダウンリストでie、firefoxおよびgoogle chromeブラウザが見られます。ここではgoogle chromeを選びます。開いたリークパラメーターは、開きたいウェブサイトのアドレスを定義します。ここにgoogle.comを入力しましょう。

タイムアウトパラメータは、ウェブページが応答するまでの待機時間を定義します。単位はミリ秒です。uibotが残りのプロセスを続行する前に、デフォルトで10秒間待機します。

また、outlookやデータベース自動化などを含む他のソフトウェアの自動化もサポートしています。詳しくは、www.ui.botをご覧ください。

以上はuibotソフトウェアの自動化機能でした。ご覧にいただき誠にありがとうございます。