-乐游棋牌官网

uibot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: トレーニングセンター > リソース > ロボット開発の基本
ロボット開発の基本

来也(laiya)テクノロジー rpaトレーニングセンターへようこそ。本日はロボット開発の基本に関する内容説明です。以下の内容を理解し、uibot creatorを使用するのに役立ちます。


1.インターフェース要素

まず、インターフェイス要素について説明しましょう。インターフェイス要素とは何ですか?webブラウザを開いてみましょう。このブラウザでは、検索欄、メニュー、画像、文字などを見ることができます。これらすべての要素は、インターフェイス要素と呼ばれます。uibotでは、インターフェイス要素の機能が対象コマンドの対象として使用されます。


2.対象コマンド

前のレッスンでは、作業パネルについて説明しましたが、組み込みのコマンドツリーでは、多くの種類の対象コマンドが提供されています。例えば、マウス、キーボード、インターフェイス要素、テキストなど。

インターフェイス要素とテキストコマンドツリーにあるすべてのコマンドは、対象コマンドです。マウスおよびキーボードコマンドツリーにある対象という文字付きのすべてのコマンドは、対象コマンドです。

対象とは、実行の開始時にその存在がチェックされるコマンドのことです。存在する場合、すべての操作がこの対象に対して実行されます。対象が存在しない場合は、タイムアウトで失敗するまで検索しつづけられます。

それに対して、対象なしコマンドとは、事前定義されたインターフェイス要素を必要としないコマンドのことです。例えば、クリックのシミュレートには対象は不要です。

もちろん、精度が高いためuibotを使用する場合は、対象コマンドを優先的に使用することをお勧めします。

対象をどのように選択するかと疑問を持っている方が多いかもしれません。uibotは、非常に強力な対象自動選択機能を提供しています。例えば、マウスコマンドツリーにあるクリック対象を見てみましょう。

例えばある簡単なプロセスを実行したい場合、このプロセスにはウインドウズ操作システムのスタートメニューをクリックするという一つのステップしかありません。

最初のステップは、その対象コマンドを見つけて、ダブルクリックするか、ワークスペースにドラッグします。そして、対象検索のボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、uibotのインターフェースが非表示になり、対象セレクタと呼ばれる青い半透明のマスクが表示されます。このセレクタをいつ移動しても、対象セレクタがずっとそこに表示されます。左マウスボタンをクリックすると、uibotのインターフェイスは再び表示されます。マウスをクリックした瞬間、セレクターでカバーされる範囲こそ私たちが選択した正確な対象になります。

多くのインターフェース要素がネストされていることに注意してください。そのため、マウスで対象を選択するときは、慎重に移動してください。uibotは完璧な対象を見つけるのに役立ちます。

これで、操作のために対象を選択する方法が明白になりました。しかし、これほど多くの組み込みコマンドを利用する際、どのように把握すればいいでしょうか?

初心者にとって、すべてのコマンドを覚える必要はありません。それに対して、いくつかの基本原則を把握するだけで結構です。

つまり、一つのコマンドはいくつかの要素で構成していることを把握すれば:何のために?何を使用する?何をやる?何が得られる?

「何のために?」というのは、私たちが操作したい対象のことです。つまり上記で述べられた対象のことです。

「何をやる?」というのは、このコマンドで実現できることのことを指します。これは、コマンド自体によって決定されます。例えば、ボタンの場合、対象をクリックすると実行することができますが、テキストウィンドウの場合、ボタンをクリックしても、実行することはできません。

「何を使用する?」というのは、追加のコマンド情報のことを指します。いわゆる、コマンドのパラメータです。

「何が得られる?」というのは、返される結果のことです。例えば、要素テキストコマンドを獲得した際に、一つの文字列の結果が返されます。

一部の方は、半透明のマスクが時々、ウィンドウまたはアプリケーション全体を選択することに気付くかもしれません。

この場合、次の二つの可能性があります。

一つは、何らかの理由でこの要素インターフェイスを選択できない可能性があります。

もう一つは、いくつかの必要な拡張機能がインストールされていない可能性があります。uibotは、ブラウザー拡張機能やjava拡張機能など、多くの強力な拡張機能を提供しています。これらの拡張機能をインストールした後、通常はインターフェイス要素を選択できるようになります。


3.対象なしコマンド

対象コマンドの次に、対象なしコマンドについて話しましょう。

上記のように、ほとんどの場合、対象を選択することが可能ですが、何らかの理由で、一部のソフトウェアはインターフェイス要素へのインターフェイスを提供しないこともあります。

提供しないソフトウェアは下記通り:

1. citrix、vmware、hyper-v、virtualbox、rdp、およびあらゆる種類のandroidエミュレーターを含む仮想マシンとリモートデスクトップ。その原因は、これらのソフトウェアは異なる操作システムで実行され、uibotから完全に分離されているためです。uibotがこれらのインターフェイス要素を選択できない理由もこれです。

2. directuiテクノロジーに基づいて開発されたソフトウェア。簡単に説明すれば、これらのソフトウェアが描かれているものだと考えられます。uibot自体は、この技術に基づいて開発されたもので、いわゆる電子技術です。

3.ゲーム。directuiと同様、ほとんどのコンピューターゲームインターフェイス要素が描画されるものです。

これらのソフトウェアが存在するため、対象なしコマンドは歴史の舞台に登場してきました。

最もよく使われる対象なしコマンドは、移動シミュレートです。マウスコマンドツリーにある移動シミュレートコマンドに座標点を設定できます。この座標点を設定することにより、マウスをこの点に移動することができます。次に、ボタンインターフェース要素を取得できない場合に、ボタンのクリック操作を完了するためにクリックシミュレーション操作を追加することもできます。

マウスとキーボードの他、uibotは強力な対象なしコマンドも提供しています。それは、ui操作コマンドツリーで設定される画像コマンドです。

対応するコマンドツリーにアクセスして展開しましょう。このコマンドツリーにいくつかのコマンドが表示されています。

画像コマンドの検索を例にしましょう。このコマンドを使用することにより、画面の指定されたエリアで、左から右に、上から下に、事前に作成した画像を検索することができます。画像が存在する場合、対応する座標点が返されます。

以上、uibotロボット開発の基本でした。ご覧にいただき誠にありがとうございました。