-乐游棋牌官网

uibot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: トレーニングセンター > リソース > プログラミングの基本
プログラミングの基本

来也(laiya)テクノロジーrpa トレーニングセンターへようこそ。本日のトレーニング内容は、uibotプログラミングについての知識です。以下のプログラミング知識を把握することは、uibotをより効果的に使用することに役立ちます。


1.データ

excelのデータを例にしましょう。このexcelファイルでは、ヘッダー、番号、名前、金額などの情報が見られます。これらのすべての情報はデータと呼ばれます。

実際、データは構造化データと非構造化データに分けられます。excelファイルに表示されるのは、構造化データです。画像、音声、ビデオ、ウェブページなどは非構造化データとなります。


2.データ型

次に、データ型について説明します。uibotには、いくつかの一般的なデータ型があります。数値、文字列、ブール値、null値、複合などです。

数値データは、整数または浮動小数点です。excelで見た注文番号と販売情報のようなものです。

一般的に、文字列型のデータは、一重引用符または二重引用符で囲まれます。

ブール型のデータは、trueまたはfalse 二つの値のみです。

null値は、何もありません。


3.変数

そして、変数について説明します。excelファイルでは、それぞれのデータがセルに保存されています。実際、それぞれのセルは名前があります。たとえば、261.54を保持するセルはd2と呼ばれます。このセルの中の数値は変わるかもしれませんが、その名前は変わらず、永遠にd2と呼ばれます。したがって、データがどれに変わっても、セル名d2を検索することでこのセルの値を取得することができます。

変数はプログラミングにおける一般的な概念です。excelファイルの中のセルのように、さまざまなタイプのデータを保存するために使用できます。それに数値を与えるアクションは「割り当て」と呼ばれます。つまり、必要に応じて変数にさまざまな値を割り当てることができます。

excelファイルでは、一つのセルの名前を構成するのは通常、一つの英文字の後に整数が一つ付きます。プログラミングでは、変数名はより柔軟です。長い英単語でも、アンダースコアでつながっている複数の英単語でも構いません。最初の文字のほか、整数を使ってもいいです。uibotでは、母国語で変数に名前を付けることもできます。たとえば、中国語、日本語などです。

uibotでは、変数はいつも動的に変わります。つまり、変数にいれるデータのタイプを定義する必要はありません。


4.式

変数の後に、式について紹介しましょう。異なる変数の間に、または変数と定数の間に計算を行うことができます。この計算の式は、私たちが話している式です。変数の値が変わるので、式の値も変化します。プロセスで式を記述する場合、式の値はステートメントが実行されたときにだけ確認できます。

たとえば、x 2は代表的な式です。xの値がわからないとき、この式の値を確認できません。この式が実行されると、xが2に等しく、この式の値が5であることがわかります。

式が意味を持たないときもあります。たとえば、文字列をわりたいときです。


5.条件判断

次に、条件判断について説明します。プログラムを記述するとき、私たちは通常行ごとに書きます。プログラムが実行されるときも、上から下へと行ごとに実行されます。しかし、この実装は柔軟性に欠けていると気づいたでしょう。これらのコードを実行するかどうかを確かめるために、プログラムの特定のノードで条件を判断する必要があります。

条件判断のステートメントは、プログラミングの言語によって多少異なりますが、そのほとんどは以下のようです:

if expression then

  statement1

  statement2

end if

これらの条件判断ステートメントはブール式に基づいています。式の値がtrueの場合、ステートメント(statement )1と2が順番どおりに実行されます。式の値がfalseの場合、ステートメント1と2を実行せずに終わります。


6.ループ

最後に、ループについて説明します。

ループは条件判断の形と似ています。ほとんどは以下のようです:

loops when expression

  statement1

  statement2

loop ends

条件判断と同じように、式の値がtrueの場合、ステートメント1とステートメント2がループで実行されます。式の値がfalseの場合、ステートメント1と2を実行せずに終わります。

以上は本日のプログラミングの基礎知識でした。ご覧にいただき誠にありがとうございます。

必ず読むリスト