-乐游棋牌官网

uibot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > インターネットと小売 > rpa ai:it資産管理のブラインドエリアを開拓
rpa ai:it資産管理のブラインドエリアを開拓

it資産管理は業務管理の重要な部分ですが、見過ごされがちで、多くの企業にとって管理の盲点となっています。

gartnerの調査によると、現在世界中に適切なit資産管理計画を持っている企業は25%未満です。ほとんどの企業(特に大手国有企業および伝統的な企業)は、依然として複雑な手動追跡および監視方法を使用しています。一部の企業はit資産ベースを理解していないため、時間、資金、システムパフォーマンスに損失をもたらしました。


it資産管理とは何ですか?

it資産とは、主に、業務に価値をもたらすことができる企業または組織が所有するハードウェア、ソフトウェア、および情報資産のことを指します。

it管理およびit支配の重要な内容として、it資産管理(it asset management、itam)は、組織がit資産の利用率をより効果的に向上させ、不必要な資産購入を回避し、ソフトウェアコンプライアンスを確保することにより、itコストとitリスクが削減され、it資産の収益最大化が実現できます。

it資産管理のレベルは、it応用の価値とitサービスのレベルに直接関連しています。ただし、管理プロセスには技術、財務、調達などの多くの部門が関係するため、資産データの量は膨大の上、プロセス処理も煩雑で、大量な人力と時間がかかるだけでなく、人為的ミスによるデータエラーも発生しやすくなります。

デジタル変革の継続的な深化により、itインフラストラクチャはより複雑になり、サイバーセキュリティ違反事件も増加しつつあり、企業it資産管理に大きな問題をもたらしました。

今日、多くの企業がrpaとaiを組み合わせたit資産管理ソリューションを探索し始めました。


rpaは冗長なタスクを実行して効率を向上させます

rpaを導入すると、it資産管理に必要な作業量とコストが削減されます。

ロボットは24時間効率的に作業でき、処理速度は手動の8倍以上であり、ほとんどエラーがなく、人力操作によるミスを効果的に回避できます。

柔軟な拡張機能と「非侵襲性」により、部門間の複数のアプリケーションにrpaを統合し、煩雑なプロセスを自動化させることができます。問題が発生する場合、ロボットはすぐにエラーを報告して、it資産管理がさまざまな部門でタイムリーなフィードバックを受け取るように確保することができます。

rpaはアナリストにとって優れた助手です。アナリストの代わりに冗長なタスクを実行し、作業量を削減することができます。アナリストにもっと多くの精力を与え、it資産の購入コストを削減するために、より賢明な決定が考え出されます。


aiは非構造化データ管理をより「明確的」にさせます

ソフトウェアまたはハードウェア資産申請では、一般的には他の法的プロセスを通じて、承認、署名、契約交渉、ライセンスの変更および説明を処理する必要があります。

これらのプロセスに関連するタスクには、また電子メール、ボイスメール、チャットボットの非構造化データ又は画像が含まれます。その際、rpaの単独使用だけではとても不十分であり、aiによる非構造化データ管理のサポートも必要です。

rpaは非構造化の生データをaiに転送することができ、aiはデータを処理し、結果をrpaに送り返します。次に、rpaは結果を対応するit資産実行プロセスにリンクします。これにより、チャットボット、電子メール、ボイスメールからのサービスリクエストを迅速に処理することができます。


rpa aiはitコンプライアンス監査をより正確にさせます

it資産監査は、企業がソフトウェアライセンス契約および規制へのコンプライアンスを保証することができます。コンプライアンスを確保するために、企業は定期的な自己監査を実施する必要があります。

しかし、これには多くの時間とリソースが必要になります。多くの企業は、全面的なit資産管理がないため、自己監査を実施するには困難であり、外部監査員によって提出された監査レポートに頼るしかありません。

rpa aiを組み合わせたit資産管理により、企業の自己監査プロセスに必要な冗長な手動タスクを最大限度に削減または削除することができます。

その結果、内部監査員は結果の分析に、より多くの時間と精力を集中できるようになり、アナリストへの成長に役立ち、企業により貴重な洞察を提供できるようになります。

rpaの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始