-乐游棋牌官网

uibot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > その他 > 保険業界:rpaは10億ドル以上のコストを節約
保険業界:rpaは10億ドル以上のコストを節約

保険事業には通常、次のような問題点があります:

1.複雑なプロセス

従業員は、保険引受、保険金請求の管理、リスク分析などの業務を行うために、多くのシステム間で切り替えて作業する必要があります。

2.大量なデータ

保険会社は毎日少なくとも数百件の請求を受け取っており、手動操作による保険引受と請求処理は非常に時間と労力がかかります。


近年、人件費の増加とデジタル技術の発展により、rpaの導入は保険会社にとって業務効率を改善し、コストを節約するための絶好の選択肢になりました。

早くも2014年には、北欧の大手多国籍保険グループが、業務プロセスでrpaを導入してみました。現在、グループはrpaを利用して48の業務プロセスを自動化し、グローバル子会社の保険業務にrpaを導入し、運営効率を改善し、コストを削減してきました。

応用業務

保険金賠償請求

具体的なプロセス

被保険者の請求申請の受理→登記→必要な資料の準備→賠償請求状況の分析→案件確認→責任決定→賠償

rpa導入前

1.従業員は複数のシステム間でプロファイルデータを転送し、多くの時間と労力を費やし、ミスを起こしやすくなります。

2.手動操作はコンプライアンス違反のリスクがあります。

3.業務量が多い場合、請求処理時間は長くなります。

rpa導入後

1.ロボットセンターオブエクセレンスを作成して、世界中の子会社が使用できるように、rpaを順調に導入しました。

2. rpaロボットは、システム間で効率的かつ正確的にデータを自動処理しました。

3. rpaは、業務データが既存の規制に100%準じることを保証でき、リスクを軽減できました。

4.ロボットは多くの業務を処理し、賠償請求の時間を短縮し、顧客満足度を向上させました。

実施成果

rpaは、業務プロセスを自動化し、プロセス効率を80%向上し、賠償請求の処理コストを30%以上削減し、運営チームの業務能力の25%を解放しました。

rpaセンターオブエクセレンスは、グループ会社のために、柔軟な開発計画を構築し、新しい自動化プロセスを提供し、既存のプラットフォーム開発ロードマップへの変更を加速しました。

rpaを導入することにより、グループは2018年に10億ドル以上の運営コストを節約しました。

rpaの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始