-乐游棋牌官网

uibot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > その他 > 製造業:製造会社が自動化を実現
製造業:製造会社が自動化を実現

日本の100年以上の歴史があるワイン生産者で、主にビール、洋酒(ウイスキー、ワイン)、ソフトドリンクなどの生産と販売業務を提供しています。中国、アメリカ、イギリス、カナダを含む40を超える国と地域に支社と事務所があります。

デジタル時代に入ってから、この会社は時代に追いつき、rpaを積極的に導入する日本初の企業になりました。2017年初、rpaの導入を成功させるために、社内rpaセンターオブエクセレンスを設立し、従業員がrpa技術をより体系的に学び、rpaプロジェクトの実施を共同で促進できるように力を注いぎました。

5か月近くのpocテストを行った後、会社はrpaを財務、販売、人事など部門に先に適用しました。2018年にrpaの応用範囲をさらに拡大し、2019年に会社のすべての部門でrpaの導入は実現できました。


応用業務

1.営業部:販売データの収集

rpa導入前

営業スタッフは、競合製品のすべての小売データ、パフォーマンス報告、製品情報などの資料を手動で収集する必要があります。このプロセスは重複で煩雑なので、業務時間の約70%が必要です。

手動でデータを収集しても、100%の精度とリアルタイムのパフォーマンスを保証することはできず、統計データは最新の市場環境に適応できない可能性があります。

rpa導入後

rpaロボットは、営業員が提供したデータ収集アドレスから関連データを自動的に抽出し、指定されたファイルにデータを自動的に保存し、メールで関連従業員に送信します。

最終結果を手動で見るだけで済ませます。

実施効果:

rpaは、営業部門のデータ収集効率を大幅に向上させ、データの正確性と適時性を保証し、人件費と時間のコストを大幅に節約しました。


2.人事部門:人材募集

rpa導入前

hrは多数の募集ウェブサイトにログインし、手動で募集情報を公開する必要があります。

候補者情報を取得した後、hrは各履歴書を手動で選別し、候補者に通知する必要もあります。

rpa導入後

rpaロボットは、募集webサイトに自動的にログインでき、募集情報を公開し、候補者の履歴書を事前に選別し、候補者に通知します。

ロボットは、操作プロセスでデータ統計を実行することもできます。

実施効果:

rpaは、hrのため、採用プロセスを改善し、人材採用の効率を高めるのに役立ちました。 以前は1日に30分かかる作業が5分で完了できるようになりました。

次の計画

今日、この会社は200台を超えるrpaロボットを導入し、60を超える業務プロセスを自動化できました。年間40,000時間近くの作業時間が節約され、会社の業務全体の効率を大幅に改善できました。

将来的には、rpaとaiを組み合わせて、nlp(natural language processing)やml(machine learning)などの人工知能技術を利用して、より複雑で非構造化されたデータを処理し、より高度で柔軟な自動化を実現することを計画しています。従業員は、より創造的で付加価値のあるタスクに集中できるようにします。

rpaの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始